モナドショール(ニタリポイント)注意事項

多くの方に安全にニタリ(オナガザメ)をご覧頂く為、そして、いつまでもこの環境を 維持する為に、当店では、下記のルールを設けております。遵守をお願いいたします。
モナドショールは上級者向けのポイントで、時に強く流れ、時化やすいです。基本的に、ボートより一気に水深約15メートルまで潜降します。
下記を守らない場合、マラパスクアのダイビング団体より、ダイビングの中止、 ダイビングポイントへの出入りを禁止される場合があります。必ずご熟読くださいますようお願いいたします。


ご参加の条件 (PADI OW同等もしくは、それ以上のCカード保持者)

久しぶりのダイビング(2週間以上のブランク)にて、いきなりモナドショールを潜る際、ダイビング経験が 30本に満たない方はお断りさせていただきます。 前日などに他のポイントでダイビングを行ってからご参加ください。 ダイビングコンピュータ、シグナルフロートを各自ダイビングに必ず携帯してください。お持ちでない方にはレンタルもご用意しております。


無減圧潜水を行います

一人一台ダイビングコンピュータを使用し、さらにガイドより深い所に行かないでください。 減圧不要限界(NDL)が10分になったらガイドに知らせてください。


残圧が100bar になったらガイドに知らせてください

予定浮上時間前でも、チーム内でどなたか一人でも残圧100bar以下になったら全員浅場に移動します。 深い所ではエアー消費が多くなります。ご注意ください。


エントリー/エキジット時

潜降浮上ロープ、またはブイのロープを必ず掴みながら潜降、浮上をしてください。どなたかが、ロープから離れたり、流されたり、はぐれてしまった場合、ダイビングを中止します。スムーズに潜降出来ない(3分程度潜降が出来ない等)方は、そのダイビングを中止していただく場合が あります。(ダイビング料金の返金はございません)体調、耳などの具合が悪い場合は、無理せず、事前にダイビングを中止してください。


グローブ・ダイビングベル・カレントフックの使用禁止

ニタリを待つ、見る際

1.ニタリを追いかけない 柵(ロープ)がある所では、柵より後ろ、ドロップオフの壁側にてニタリを待ってください。
2.水中ライト、ストロボの使用・発光禁止 水中ライトをダイビングに持って行かないでください。内蔵ストロボは発光禁止に設定してください。
3.着底に注意(浮力コントロールをしっかりとする)膝、フィンのみの着底、もしくはホバリングをしてください。タンクをついたり、地面に立ったりせず、前傾した低い姿勢をとってください。
4.激しく動かず、ゆっくりと動く 浮上態勢に入る前、ニタリを待つ場所を変える際は、ゆっくりと動き出してください。 待っている人の前を通過せず後ろを通る。
5.音をたてない(指示棒などでタンクを叩くこと、ダイビングベル・ブザーの使用などの禁止)


ダイビング前にご署名をいただきます。

ダイビング前に、上記注意事項等を記載した誓約書にご署名をいただきます。ご署名いただけない場合、ダイビングをお断りいたします。